減災.net ブログ » ニュース

【河北新報】映画「ポテチ」納得の仕上がり 仙台市民参加し完成試写会

宮城県仙台市を舞台にした映画「ポテチ」の完成試写会についてのニュースです。



河北新報ニュース 映画「ポテチ」納得の仕上がり 仙台市民参加し完成試写会

作家伊坂幸太郎さんの原作で、仙台市を舞台にした映画「ポテチ」の完成披露試写会が17日、太白区のMOVIX仙台で開かれ、中村義洋監督と主演の浜田岳さんが舞台あいさつした。
 ポテチ製作委員会とせんだい・宮城フィルムコミッションの主催。約260人が来場した。中村監督は「原作が良くて、納得のいく作品に仕上がった。家族のつながりを感じてほしい」と語り、浜田は「楽しい撮影だった。映画を見て喜んでもらえたらなおうれしい」と述べた。
 映画は、生年月日が同じ野球選手と空き巣の2人の青年が経験する、奇妙な運命を描いた。市が支援する「仙台シネマ」に認定。仙台でオールロケされ、市民のボランティアスタッフやエキストラが参加した。上映時間は68分。そのほかの出演者は木村文乃さん、大森南朋さん、石田えりさんら。音楽は斉藤和義さんが担当している。
 映画は4月7日、仙台、石巻、名取、利府、富谷の県内3市2町で先行上映され、5月12日から全国で公開される。

全国で公開される日が待ち遠しいですね。


Comments are closed.